今日からすこしずつ、新入荷アンティークを
ディスプレイ、コーナーごとにご紹介させていただきます。

01
こちらはオールド・ノリタケのコーナー。
1910〜20年代に日本のノリタケがイギリス輸出用に、丹誠込めて制作したもの、
全て手描きで、純度の高い金を使った、金盛りが施されています。

07d
およそ100年前の日本人が手描きしたバラ、とても良いセンスです。

07c
金盛り

07e
「エナメル盛り」が施されています。                                               ¥4,800〜




そして、こちらのコーナー
02

06b
エンジェルのキャンドルスタンドは1年程前にも同じ物が入荷しましたが、
2回目の入荷です。                                                ¥9,500

20c
聖アントニオの絵は手描きの水彩画。 左下にはPAX(平和)の文字が書かれています。   
                                                                                  ¥28,000

手前の本は象嵌細工の中心にエルサレム十字が手彫りされた、
エルサレムのオリーブの木で出来た表紙、
聖地エルサレムの重要な場所に咲いた花の押し花が15ページ、収められています。
1900年前後のもの。                                                     ¥28,000

50c


50d

50e



最後に、
03
こちらのステンドグラス。
何百年も前に作られた、教会のステンドグラスが壊れてしまい、
残った破片でリメイクしたもの。
全てのパーツがもともと1枚のステンドグラスのどこかにあったもの。
イエス様のお顔とお髭部分は繋がっていますが、
他は寄せ集めのようです。全ての部分が手描きです。

教会のステンドグラスはずっと探していましたが、
今回、やっと見つかりました。                                    ¥75,000


     続く



酒井能一   記