先月の渡英を少しずつご紹介しています。

9月の渡英は久しぶりなので、
最近、あまりお目にかからなかった風景にも出会う事が出来ました。

IMG_0189
その一つがこちら、麦を刈り入れた後の畑です。
多くの畑で、刈り入れた麦わらはこのように樽型に巻き、
家畜の飼料や堆肥にします。

手前の石垣は、ドライストーン・ウォーリングといって、
自然の石をうまく重ね、塀や壁にするイギリスの伝統手法です。

100_1251
(参考画像)

stonewall
(参考画像)

IMG_0190


緑の色も、春よりずっと深くなっていました。
IMG_0186
クリックで大きくご覧頂けます。

P1040959
こらは春の景色

麦わらは藁葺き屋根にも使います。
次回は藁葺き屋根のコテージをご紹介します。