本日は、新入荷のアンティークより
アクセサリーを二点ご紹介します。

まずは、貴重なシードパールがたっぷり使われた
繊細なブローチから‥


28 PM)
2,8∅ ¥68,000+税

1700年代後期〜1800年代初期のもの。

14金の台に、じつに48粒もの
シードパールが埋め込まれています。

シードパールとは草花の種のように小さな
未生育の天然真珠のことをいいます。

真珠貝から、希にしかないシードパールを集めるのは
容易なことではなく、
ルネッサンス期にはダイヤモンドより貴重で
高価なものでした。

18世紀から19世紀にもっとも人気が高まりましたが、
当時も採取はまだまだ困難で、高価なものでした。



お次ぎはステキなロケットペンダントをご紹介‥

54 PM)
3,3×3,9 ¥24,000+税

こちらは1900年頃のお品。

アールヌーヴォー調の
植物模様が施された土台に埋め込まれた
鮮やかなルビーがアクセントになっています。

このままでももちろん素敵ですが、
写真は裏から入れ替えることもできますので
大切な人の写真を入れて
身に付けても素敵ですね。。

アンティークのアクセサリーは、
ふたつとないものがほとんどです。

気に入って頂ける方に末永くご愛用頂き、
お子さんやお孫さん、
ひいてはその次の世代まで受け継いでいって頂けたら
こんなに嬉しいことはありません。。