新入荷のアンティークを、少しずつピックアップして
ご紹介していきます。

1回目はガラス器です

Agelmann1 agelmann2

こちらはエーゲルマン(Egermann)の花瓶        ¥14,500

エーゲルマンはボヘミアングラスの伝統を守り、1832年から続く
ボヘミア王国(現チェコ、ボヘミア地方)の老舗の工房です。

今回入荷の花瓶はクリスタルガラスに手彫りのカットで模様を付け、
手描きの花が描かれています。

milkglass
可愛いミルクグラスの花瓶もボヘミアン。  ¥9,500

一つ一つ手作りの吹きガラスで、口は花びらの様なドレープになっています。

Minicups
こちらも1800年代後期のボヘミアングラス  ¥5,800

小さなリキュールグラス(3.5∅ 5h)にバラが可愛くエナメルペイントされています。

MaryG1
マリー・グレゴリーの香水瓶  ¥18,000

マリー・グレゴリー Mary Gregory (1856–1908) はアメリカ人作家。
1880年から、ボヘミアに工房を持ち、作品作りをしました。
白の濃淡で立体感を出す画法が特徴的で、
漸進的で優美なその技法は、当時の人々に愛されました。


酒井能一