マチルド イン ザ ギャレット ブログ

            Matild in the Garret Blog

多摩川駅前フリーマーケット

年2回開催される、「多摩川駅前フリーマーケット」が
次の日曜日、10月15日に開催されます。

毎回、沢山の出展者とお買い物客でにぎわうマーケットですが、
マチルドも店舗前にオーナーやスタッフの私物、マチルドのセール品などを並べ、
毎回、参加しています。

こちらは前回、春のフリマの模様です。
IMG_0188

IMG_0191

IMG_0190

お隣に出来た「hiff cafe」でも、Take Outの飲み物やお食事、
IMG_0193

スタッフさんの美大仲間が
IMG_0192
手作りグッズを販売していました。

他にも手編みのニットや
IMG_0195

かわいいお花屋さん。
IMG_0196

手作りアクセサリーのお店など
IMG_0198

様々なお店が軒を並べます。

フリマは朝10時から、
皆様もどうぞ、掘り出し物を探しにいらしてください。

尚、雨天の場合は翌週、22日に延期だそうです。






イギリスで出会った面白い景色 Vol.2

今回は、もう55回目の渡英でしたが、
それでも、行く度に新しい物、面白いものに出会います。

今回も、幾つか出会う事が出来たので、
「イギリスで出会った面白い景色」の2回目です。

IMG_0121
Topsham Quay(トプシャム埠頭)に佇む、難破船? や、

17903459_1341501582604086_4649378402469683141_n
まるでブレーメンな動物達、


IMG_0176
窓にずらりと列ぶアンティークミシン、

IMG_0178
こんなアンティークミシンが105台、窓にディスプレイされていました。
など、今回もへんてこりんな物、不思議な物達と沢山、出会う事ができました。

極めつけは
IMG_0204
川辺にあったこの切り株、
よく見ると、中に何かいます。



近づいて覗き込むと、
IMG_0232
なんと、中に小さな(10cm くらい)の牛が住んでいました。


今回の渡英で出会った、面白い景色は終了です。

「イギリスで出会った面白い景色」 Vol.1、Vol.2の中で
一つだけウソがあります。さて、どの景色でしょう。

エイプリールフールでもないのに、すみません。。



『アッシジ聖なる風景カレンダー』キャンペーンのお知らせ

今年もプロデュースさせていただいた『アッシジ聖なる風景カレンダー・2018』が入荷
しました!
大好評のこのカレンダー「フランキンセンス+ショップ」では、その完成を記念して
キャンペーンを行っています!

IMG_1258


この度のカレンダーの表紙には、平和を象徴する鳩が...。
写真家、渡部信光さんがアッシジを何往復もして2万枚もの写真を撮ってくださった中
からの奇跡的な一瞬を捉えた写真。
この度もデザインを担当してくださった Ananoさんも私も一目でこの写真の美しさに
心を捉えられ、是非この一枚を!と表紙にさせていただきました。

その後、Ananoさんから素敵な申し出が...。
AnanoさんデザインのAnanoプロダクツの白い鳩のフェーブを、このカレンダーを
お求めくださる15名の方にプレゼントしてくださるとおっしゃるのです!
何てお優しいお心遣い...。
フェーブは元々、キリスト教の主の公現祭(エピファニー)にいただく
ガレット・デ・ロワというフランス菓子に入れるものですが、Ananoさんのフェーブ
には、リングが付いているのでペンダントトップとしても使用できます。


IMG_1261

鳩は平和を象徴すると共に、カトリックでは聖霊を表しています。
2018年が、平和であることを切に願います。
そして、どうか神様の息吹である聖霊が、私たち人類を守ってくださいますように...+。

そんな2018年への思いを込めて、このカレンダーをお届けしたいと思います。
皆さまのお部屋に置いていただけると幸いです。

IMG_1257

Ananoさんの白い鳩のフェーブのプレゼントは、3冊まとめてお求めくださった
先着15名様へとなります(お一人様一回限り)。

通販も行っています。
shop@frankincense.co.jp

どうぞ、ショップへお急ぎくださいませ...。


こちらからもご購入頂けます。(10月6日追加)

                    しょうこ

イギリスで出会った面白い景色 Vol.1

今日は、イギリスで見たちょっと変わった景色をご紹介します。

前にも一度ご紹介しましたが、
それはニュースから抜粋したもので、私も今回始めて目にしました。

その景色はウェールズの田舎の村で見つけたもので、
可愛いイギリスの一つの象徴でもあった、赤い公衆電話ボックスが青く塗られています。

IMG_0098-1

そして中には本がぎっしり。

IMG_0099-1

そうです。村の図書館として再利用されています。

以前に掲載した電話ボックスの記事はこちらです。


そしてこちらは
IMG_0146
古い教会の後ろに居座る、銀色に輝く物体です。

こちらは2003年、バーミンガムに建てられたショッピングセンターで、
表から見ると
1200px-Selfridges_Building,_Birmingham_(2012)
(参考画像)
こんな感じの、とてもヘンテコな建物です。。。。

私がバーミンガムに着いたのは、アンティークフェアが始まる前の5時半頃、
IMG_0147
朝日に照らされたその建物は異様でした。。。。。


ウェールズのアンティークフェア

ウェールズのアンティークフェアは
ウェールズ中部のBuilth Wellsの競馬場で開催されます。
カーディフからの道程は、山が多く、絶景です。

フェアには屋外
builthwellsantiquesfair2b

屋内
builthwellsantiquesfair5b

厩舎
builthwellsantiquesfair3b
を合わせて、約1000軒のディーラーがアンティークを販売します。

さすがウェールズ、ウェリッシュ・ブランケットもいくつか見られます。
Welsh-blankets
ウェリッシュブランケットはウェールズの伝統特産品で、
その品質、風合い、色の良さで人気があります。

IMG_2029
マチルドにもいくつかありますので、ご覧下さい。

この日は少し早めに回り終える事ができたので、
ウェールズとイングランドの国境にある町、ヘイ・オン・ワイに寄りました。
ヘイ・オン・ワイは古本とアンティークの町。
以前に、ご紹介した記事はこちらです。

ヘイ・オン・ワイには素敵な雑貨屋さんもいくつかあります。

IMG_0068

IMG_0065
かわいいディスプレイの文房具屋さん

IMG_0063
とても素敵な雑貨屋さん。
現代物の商品に、少しアンティークを混ぜてディスプレイしています。

IMG_0061
お菓子屋さんのディスプレーもいいセンス。

IMG_0069
こちらは一見レストランの様な古本屋さん。

IMG_0071
勿論、店内は古本がギッシリです。


この日の歩数、15,624歩






Matild in the Garret
matild_in_the_garret_160P-1

145-0071 東京都大田区田園調布1-61-9
東横線多摩川駅徒歩1分
Tel 03-5483-3040


マチルド イン ザ ギャレットの
ブログを始めました。
このブログを通して、
皆様に最新情報の発信や
お客様とのコミュニケーションが
図れれば幸いです。
  

ホームページはこちらです。

メールを送る 
ギャラリー
  • 新入荷アンティークのご紹介 7
  • 新入荷アンティークのご紹介 7
  • 新入荷アンティークのご紹介 7
  • 新入荷アンティークのご紹介 7
  • 新入荷アンティークのご紹介 7
  • 新入荷アンティークのご紹介 7
  • 新入荷アンティークのご紹介 6
  • 新入荷アンティークのご紹介 6
  • 新入荷アンティークのご紹介 6
  • 新入荷アンティークのご紹介 6
  • 新入荷アンティークのご紹介 6
  • 新入荷アンティークのご紹介 6
  • 新入荷アンティークのご紹介 6
  • 新入荷アンティークのご紹介 5
  • 新入荷アンティークのご紹介 5
  • 新入荷アンティークのご紹介 5
  • 新入荷アンティークのご紹介 5
  • 新入荷アンティークのご紹介 5
  • 新入荷アンティークのご紹介 5
  • 新入荷アンティークのご紹介 5
  • 新入荷アンティークのご紹介 5
  • 新入荷アンティークのご紹介 4
  • 新入荷アンティークのご紹介 4
  • 新入荷アンティークのご紹介 4
  • 新入荷アンティークのご紹介 4
  • 新入荷アンティークのご紹介 4
  • 新入荷アンティークのご紹介 3
  • 新入荷アンティークのご紹介 3
  • 新入荷アンティークのご紹介 3
  • 新入荷アンティークのご紹介 3
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ