マチルド イン ザ ギャレット ブログ

            Matild in the Garret Blog

新入荷アンティークピックアップ−6

新入荷品より、“守護天使”にまつわる
素敵な商品をご紹介致します。


金彩が美しい“守護天使”のポストカード(1905年の消印あり)
54 PM
9×14  ¥1,800
初聖体を終え教会を後にする少女に、守護天使が寄り添っています。

Alfred Mailick
(1869-
1946)の作品。
ドイツの画家で、ポストカード用の作品を多く描きました。



こちらも“守護天使” のポストカード
20 PM
1910's  9×14  ¥800 
凛々しい天使に導かれ、乙女が薔薇の階段を昇ろうとしています。

やはりドイツ人の画家、Fridolin Leiber(1853-1912)の作品。
宗教画のポスターなどを数多く残しました。



守護天使の壁掛け
こちらもFridolin Leiberの作品と思われます。
14 AM
22×30  ¥4,800
花摘みをする少女を、美しい守護天使が守っています。

木の板とガラスを、四隅の金具で留めただけのシンプルな作りですが
とても雰囲気のある一品。



ヴィクトリア時代のスタンドに入った、守護天使のカード
02 AM
読書の途中で眠ってしまった少女を、守護天使が見守っています。

ヴィクトリア時代に作られたこちらのスタンドは
金属製のフレームに、一枚一枚手作りされたバブルガラスが嵌っています。
小さいながら存在感のある一品です。



staff s.o

Hey-on-Wyeの町並み

先日ご紹介したヘイ・オン・ワイの町並みもご紹介します。

ヘイオンワイ地図



白眺め
お城の中腹よりの眺め。
ヘイ川に沿った、坂の多い町です。


ヘイ
可愛い家々も点在しています。


ヘイ2
古絵本の専門店


やおや
八百屋さん


ワン2
アンティーク屋さんの店先、ワンコが2匹^^

機会があったら、訪れてみて下さい。アンティーク屋さんも6~7軒あり、楽しめます。

さて、先日のクイズの結果です。
思った通り、お寄せ頂いたご回答は0件でした。。。。。

クイズの質問は
リチャード・ブースは12世紀に建てられた大きなお城、ヘイ城を幾らで買い取ったでしょう。
でしたが、
答は1万ポンドでした。 現在のレートでたった¥180万で購入した事になります。

Y.S

「MAISHA」のドールハウス

先日取材していただいた、MAISHAが発売されました!
maisha1

以前、文化出版の「10人のドールハウス」に、つくらせていただいた
 Matild in the Garretのドールハウスも掲載されています。
maisha2

実はこのドールハウスの小さなフレームのバラの刺繍は、
笹尾多恵さんが刺してくれたもの。
店名やペンキ部分は、酒井が塗ってくれました。
 Matild のクラス+カフェに飾ってありますので、ご覧に
なってみてくださいね。
小さなスペースにMatild の世界がギュッと詰まっていて、
細かい作業でとても時間をかけてつくったみんなの力作です。

 Matild には、ドールハウスに使用できる可愛いパーツも
色々とありますので、そちらもチェックしてみてくださいね!

                                                         しょうこ

聖テレーズの祝日

本日10月1日は、リジューの聖テレーズの祝日です。

Thérèse
1950年ポルトガルの彫刻家、Candio Pinto作
アンティーク手彫り聖テレーズ像  27h ¥98,000


聖テレーズは19世紀フランスの、カルメル会の修道女でした。
24歳という若さでこの世を去りましたが
死後、出版された自叙伝がヨーロッパ中で大人気となり
異例の早さで列聖(聖人の地位にあげられること)されました。


29 PM
聖遺物付アンティークホーリ−カード   7×13 ¥6,800
テレーズがまだ福者(列聖前)の頃のもの


『小さき道』という、誰にでも親しめる生き方によって
テレーズは現在でも多くの人々に愛されています。

それは、他の聖人のように偉業を成し遂げることではなく、
「幼い子どもが両親の愛を疑わないのと同じように、
神さまを全面的に信頼すること」
「自分の無力を知り、小さな愛の行いに生きること」が、
自分にできる神さまへの愛の表現である、というものでした。


テレーズはまた、こんな言葉を残しました。
「私は天国から薔薇の雨を降らせましょう。」
その言葉通り、死後、彼女に祈りを捧げると病が癒されたり
苦しみが取り除かれるなど、多くの奇跡が起こりました。

sanctuaire-sainte-therese
リジューにある聖テレーズ大聖堂の、モザイクと聖テレーズ像


Matild in the Garretは、オーナー酒井しょうこの
クリスチャンネームでもある聖テレーズや
彼女にまつわる薔薇の花をシンボルとしたお店です。

テレーズが生きたヴィクトリア時代のアンティークや、聖品が沢山そろっています。

27 PM
一重咲きの薔薇、カクテルの装飾が珍しいアンティークメダイ
2×3.5 ¥3,800


酒井しょうこが現在聖母の騎士で連載している、“薔薇の雨をひろって”は
テレーズの生涯が親しみやすい言葉で綴られています。
毎回、薔薇にまつわるレシピもご紹介しています。
ご興味のある方は、どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ。




staff s.o

新入荷アンティークピックアップ-5 

新入荷のアンティーク商品より、
貴重なタティングレースの敷物をご紹介致します。
bff51e45

タティングレースとは、シャトルと呼ばれる舟形の小さな糸巻きに巻いた糸を使って
結び目を作っていくレースの技法です。
tatting index_pic_lesson

マチルドにあるアンティークのタティングシャトル
55 PM
右の2点 ¥3,500
左は新入荷、アイボリーのシャトル ¥9,800



18
現代物のアンティーク調シャトルもあります。


それまでのレースのように大掛かりな器具を使わずに作成することができ、
18、19世紀には貴族のあいだで大変もてはやされました。

女性らしいエレガントな手芸と考えられていたため
18世紀の女性たちは教養としてそれを習い、
装飾のあるシャトルを持った肖像画を描いてもらうことを好んだそうです。

Tatting Lace3IMG_7387Tatting Lace2IMG_7388
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)

タティングレースで、これだけ大きさのあるものは
なかなか出て来ません。
自分で編むことを想像すると気が遠くなりそうです。。



こちらはタティングレースで縁取りされたドイリー
29 PM
¥1,800 14×14

シンプルで可愛いらしいドイリー。
花瓶などの下に敷いてお使い頂くと素敵です。




staff s.o
Matild in the Garret
matild_in_the_garret_160P-1

145-0071 東京都大田区田園調布1-61-9
東横線多摩川駅徒歩1分
Tel 03-5483-3040


マチルド イン ザ ギャレットの
ブログを始めました。
このブログを通して、
皆様に最新情報の発信や
お客様とのコミュニケーションが
図れれば幸いです。
  

ホームページはこちらです。

メールを送る 
ギャラリー
  •  新入荷アンティーク -pick up1-
  •  新入荷アンティーク -pick up1-
  •  新入荷アンティーク -pick up1-
  •  新入荷アンティーク -pick up1-
  •  新入荷アンティーク -pick up1-
  •  新入荷アンティーク -pick up1-
  • アンティーク入荷のお知らせ
  • アンティーク入荷のお知らせ
  • アンティーク入荷のお知らせ
  • アンティーク入荷のお知らせ
  • アンティーク入荷のお知らせ
  • アンティーク入荷のお知らせ
  • アンティーク入荷のお知らせ
  • SALE商品 -oick up8-
  • SALE商品 -oick up8-
  • SALE商品 -oick up8-
  • SALE商品 -pick up7-
  • SALE商品 -pick up7-
  • SALE商品 -pick up6-
  • SALE商品 -pick up6-
  • SALE商品 -pick up5 -
  • SALE商品 -pick up5 -
  • SALE商品 -pick up5 -
  • SALE商品 -pick up4-
  • SALE商品 -pick up4-
  • SALE商品 -pick up4-
  • SALE商品 -pick up4-
  • SALE商品 -pick up3-
  • SALE商品 -pick up3-
  • SALE商品 -pick up3-
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ